Bond Markets

明確な事業計画が不可欠!事業資金の借り入れで注意するポイントについて


審査に通る事業計画書の作り方

事業資金の借り入れを行う際は事業計画書の提出が必要になります。金融機関などお金を貸す側は計画書の内容を吟味し、しっかりと利益を出して返済ができることを確認したうえで貸し付けの可否を決めます。そのため、事業計画書は分かりやすく、正直に記載しなければいけません。お金を借りるために嘘の内容を記載すると詐欺行為と見なされるおそれがあります。その一方でネガティブな記載も避けるのが賢明です。事業を立ち上げても必ず利益が出るとは限りませんが、実際に事業を行う前からネガティブなことを書き連ねるとどのような計画でも審査は通らないと言えるでしょう。リスクが生じることを正直に記すことは大切ですが必要最低限の内容に留めます。

事業の立ち上げに前向きで、安定した利益を得るための努力や工夫が感じられる内容にまとめるのが理想的な事業計画書と言えるでしょう。事業資金をどうやって工面するかも経営者の手腕です。

審査の厳しさと返済計画の関係について

一般的に事業資金の借り入れ審査が厳しい所ほど返済計画は緩やかな内容でも通りやすいとされています。審査の厳しさは事業の安定性や所有資産の有無など様々な条件が絡み合うので一概に言い切ることはできませんが、返済が滞る事態には至らないと判断されるだけの条件が揃っていれば問題はありません。返済計画についても同様であり、長期にわたっても十分に完済できる見込みがあると判断されたからこそ、緩めの計画でも受理されやすくなると言えます。

事業資金とは、事業の立ち上げや運営維持に必要な資金のことをいい、自己資金や融資によって調達します。福祉事業のような社会的意義の大きいものや、営利目的として営む事業においてもそれは不可欠なものです。